たかだか1杯のコーヒーが500円以上で売れる理由とネットビジネス



桜庭です。


ここ最近、カフェネタが増えてきまして
昨日の記事でも冒頭でオススメのメニューを紹介しました。

>>昨日の記事はこちら


そこでスタバの「抹茶クリームフラペチーノ」が
オススメですよとお伝えしたら早速読者の方から

「抹茶クリームフラペチーノ美味しいですよね!」
「私も今後飲んでみようと思います!」
「僕もそれ好きですよ^^」


などなど多くのご連絡を貰いました。


こういった何気ない生活の一部にも興味を抱いて貰えるのは
僕としても嬉しいですし、単純にお金を稼ぐだけじゃなくて
人生そのものを楽しんで貰いたいとも思っています。


ネットビネスはあなたの人生そのものがコンテンツになる
とてもユニークなビジネスですから是非アフィリエイトを
楽しんでほしいと思いますね^^


というわけで今回は、

「コーヒーが500円で売れる理由とネットビジネス」

という話題について記事を書いていきたいと思います。


コーヒー1杯が500円以上で売れる理由とは?



カフェに行くと様々なメニューが並べられていますが
やはり僕からしてみたら「高い」という印象があります。


まあカフェ代は経費になるので
僕のようなノマドワーカーにとっては
非常に有り難いことではありますが…


にしても普通に高いです笑


コーヒーはスタバですと300円ほどで頼めますが、
別のカフェに行きますと平気で500円ほど掛かる場合もあります。



そしてサイドメニューともなりますと、
1000円は軽く掛かってきますね。


普通のファミリーレストランとかでしたら500円以内でも
まあまあなメニューが頼めますのでやはりカフェのメニューは
正直誰でも高いと思うはずです。


ただ、それでも売れてしまうんですよね。


それだけ原材料も質に拘っているとは思いますが
普通でしたらもっと安く設定は出来るはずです。


しかしカフェのメニューというのは一般的な価値観からしたら
高いメニューでも普通に売れてしまいます。


それはなぜかと言いますと、

「付加価値がそこにあるから」

と表すことが出来ますね。


以前にも付加価値については僕の方で記事にしたことがあります。

>>ネットビジネスで成功するために重要な付加価値とは?


要はスタバにはスタバならではの雰囲気(=場)を
お客さんに提供しているわけですね。



そういった独特な「場」を提供しているからこそ
本来だったら100円でも飲めるコーヒーが
300円以上で売ることが可能になります。


そしてこれはカフェ間でも値段の違いがあったりするのです。


例えば「コメダ珈琲店」というこちらもスタバ並みに
有名なカフェが全国に展開しています。


しかしこちらはスタバよりも全然メニューの値段が高く、
定番のコーヒーでも1杯400円以上はします。


ただ、コメダとスタバの違いは1つにサービスの相違があります。


スタバは基本的にカウンターでコーヒーなどを貰いますが、
コメダの場合はレストランのように自分のテーブルに
店員さんが来て注文を受け取り食事を持ってきてくれます。


スタバのような形態を「セルフ式カフェ」と呼び、
逆にコメダのようなスタイルを「フルサービス」と称したりしますが
要はこのようにサービスの違いでも値段が変わるわけですね。


サービスの違いも立派な「付加価値」ですから
こういった些細な部分で値段というのは決められてきます。


今はコーヒーを例に挙げましたが
場所によってはコーラが1杯「1000円」という
値段で売られているところもあるぐらいです(ガチです)。



つまり僕たちはコーヒーを頼んでいるようで実は、

「付加価値(サービス等)にお金を払っている」

と表現をすることが出来るのですね。


その付加価値を無意識に自身の中に落とし込んでいるため
例え高いと思っていたとしてもどこかその値段に納得して
ためらうことなく注文をしてしまっているのです。



この「付加価値」を利用することこそが
実はネットビジネスで稼いでいく上で重要になってきます。



コーヒーの値段から見えてくるネットビジネスで稼ぐ糸口


要は僕たちはこういった「付加価値」に多大な影響を受けるため
モノを売っていくために常に意識するべきなのがこの価値観なわけですね。


そもそも僕たちが扱っていく「情報」というのは
目に見えない無形物ですからまさに「付加価値」が
演出されるものでもあります。



例えば情報商材を購入する時も

「誰がレビューしているか?」
「誰が販売者として商材を販売しているのか?」


など商材の中身よりもそれ以外の「付加価値」で
購入をするかどうかが決まったりします。


まあ例外としてそういった付加価値を全て取っ払って
最短距離でモノを売る手段もありますが。

>>付加価値を取っ払って桜庭が4記事で3万円を稼いだ方法とは?


ただ、上記の記事で行った戦略は例外中の例外で
本来でしたら「付加価値」が重要なわけですね。


だからこそどれだけ質の高い記事を書いてどれだけ凄い特典を
作ったとしても「レビューしている人が誰か?」によって
商材の売れ行きとかも変わってきたりします。



もちろんこれは情報商材問わず物販系を扱う場合は
全てに当てはまることではあります。


クリック型を主とするトレンド系はそこまで意識することでもありませんが、
サイトのデザインが良くて見栄えがいいとまた来たいと思わせることも出来ます。

>>「賢威を使わない」という選択肢を持つことが今後は重要?


要は読者にとって「居心地が良い空間」を演出することで
サイトの評価は上がっていくのですね。


このように目に見えない「付加価値」なるものを
操っていくこともビジネスをやっていくためには重要なことです。


この部分を意識しないで実践をしていくのとそうでないのとでは
天と地ほどの差が生まれますので意識してみて頂けたら幸いです。


それでは、桜庭でした^^




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ