アフィリエイトとは?その本質や仕組みを図解入りで解説してみた



桜庭です。


ネットビジネスを全く知らない方から

「アフィリエイトとは何ですか?」

という質問をよく僕は貰います。


アフィリエイトはここ最近は
メディアでも割かし出るようなキーワードに
成長していますがまだメジャーとは言い難いです。


つまり、「アフィリエイト」と聞いても
全くイメージが付かない方も多いということですね。


そんなわけで今回はこの

「アフィリエイトとは?」

についてガッツリ図解を入れながら
解説をしていきたいと思います^^


そして、アフィリエイトの本質についても解説し、
どんなビジネスなのかをこのページだけで
理解して頂くべく作成していきます。



この記事さえ読めばアフィリエイトが
一体どんなビジネスなのかが詳細にわかりますので
是非参考にしてみてください^^


アフィリエイトとは一体どんなビジネス?




アフィリエイトというビジネスを一言で言うなら、

「他人の商品を紹介し、その紹介料で稼ぐ個人広告代理店」

と僕なら表現します。


非常にわかりやすい画像がありましたので、
そちらを例に「アフィリエイトとは?」について
1つ1つ解説していきますね。


出典:http://bit.ly/2q9S3to


これは凄くシンプルな図ですが、
正直この1枚でアフィリエイトが
どんなビジネスなのかがわかります。


それぞれ番号が割り振られていますので、
確認して参りましょう。


①広告主⇒ASP

広告主とは企業のことです。


企業は基本的に製品を開発したら
それをリアル店舗(ヤマダ電機、ドラッグストアなど)で
売りますよね?


しかし、昨今ではネット上でも
自社の製品を売りたいと企業側が
考えているのです。



もう、インターネットが身近になってから
僕たちは大変にこのサービスに依存しています。


要はネット上で自社が開発したモノを売ることが出来れば
莫大な利益を得ることが出来るのです。



ネットを使うユーザーは、
それこそ数えきれないほどいますので
彼ら全員が企業にとってはターゲットに成り得るのですね。


しかし、企業側も開発した製品のアピールを
するには物理的な限界があります。


ネットは広大かつ情報が錯そうしているため
自社の製品を見つけてもらうことすら困難なわけですね^^;



そこで企業は「ASP」と呼ばれる事業者に
製品を紹介してもらうように依頼するのです。


ASPとは簡単に言ってしまえば、
「仲介屋」のようなものですね。


有名なASPにはインフォトップやA8.netといった
事業者・サービスがありますが、
こういったASPが様々なアフィリエイト案件を
扱っているのです。


そして、続いて②に移ります。




②アフィリエイター⇒ASP

ASPに登録されているアフィリエイト案件を
企業に代わって紹介するのが
我々「アフィリエイター」になります。


ASPには企業から様々な製品紹介依頼が舞い込んでいますので、
アフィリエイターは基本的に自分が好きな案件を選び、
独自の媒体(ブログ、メルマガ、Twitterなど)で紹介します。


要はこれが図でいうところのに当たります。


アフィリエイターがユーザーに対して
案件を紹介するのですね。


すると、ユーザーはアフィリエイター経由で
企業の製品を購入することになりますから
必然的に企業の商品が手元に届きます(④、⑤)。


で、企業は案件の依頼をしていたASPに

「製品が売れました!ありがとう!」

といってお金を支払います()。


そして、そのアフィリエイト案件が自分の媒体経由で
売れた時に我々はASPからインセンティブ(手数料・紹介料)が
貰えるという仕組みになっているのです()。


これがアフィリエイトと呼ばれる
ビジネスの全体像ですね。



アフィリエイトは怪しい?



さて、ここまで見てきたように
アフィリエイトというビジネスは
非常に健全かつ理にかなったモデルです。



企業側は自社の製品を売りたいと思っているので、
アフィリエイターが代わりに宣伝して
ユーザーに購買を勧めます。


そして実際にユーザーが買ってくれたら
それは企業の利益になり貢献したことになります。


企業に貢献したからアフィリエイターは
インセンティブ(紹介料)を受け取る。


全体像を見れば全く怪しくないし、
非常に理にかなったビジネスモデルと言えます。


しかし、世間では実際にアフィリエイトは
「怪しい」と思われているのですね…



で、これは主に2つの点から「怪しい」と
判断がされていると僕は思っています。



アフィリエイトの仕組みがわからない



まず1つ目にもうこれは単純に

「アフィリエイトの仕組みがわからない」

という理由が挙げられるでしょう。


人は自分がわからないことに対しては
激しい嫌悪感を抱きます。


アフィリエイトはパソコンの前でカタカタするだけで
実際に稼げてしまうビジネスモデルです。


しかし、既存のビジネスに慣れ親しんでいる人からしたら
パソコンの前にいるだけでお金が稼げてしまうなんて
認めたくもないし、仕組みがわからない以上疑問を抱きます。


そして、その疑問はやがて嫌悪感に変わり、
「怪しい」という感情に行き着くのです。



だからこそ、
「アフィリエイトは怪しい」という
評価が巷ではされているのですね。



ネットワークビジネスと混合されやすい



アフィリエイトとは言うなれば
ネットビジネスと呼ばれる大枠の中の1つです。



「外国語」と一口に言っても
英語やら中国語やらドイツ語やらが
あるようにアフィリエイトも大枠の中の
1つのビジネス形態でしかありません。



で、そのネットビジネスという響きが
ネットワークビジネスに似ているから
「怪しい」と思われている節があります。



ネットワークビジネスと言うと、
「マルチ商法」という何とも響きが怪しいものに
自然と変換されてしまうのでアフィリエイトも
必然的に「怪しい」に結びついてしまうのですね^^;


ただし、まず最初に確認すべきことがありまして、
それがネットワークビジネスとネットビジネスは
似て非なるものということです。



まあ厳密に言ってしまえば、
ネットワークビジネスも「連鎖販売取引」といって
日本の法律にも書かれてある販売形態の1つです。

参考:連鎖販売取引について


なので違法性はないのですが、
連鎖販売取引は非常に多くの禁止事項があります。


一歩間違えれば違法になりますし、
実際に法を犯しているものが多いです^^;


そういった理由からもネットビジネス、
強いてはアフィリエイトが「怪しい」と
巷では言われているのでしょう。




以上、2点の理由が主なアフィリエイトに対する
嫌悪感を助長しているのだと僕は思います。


しかし、上述してきたように、
アフィリエイトのビジネスモデルは
非常に理にかなっているものです。


そして堅実なアフィリエイターが多数であり、
実際に人を貶めようとする者たちは全体の1割も
満たないです。



ただし、そういった1割のマイナスな情報というのは
残りの9割のプラスな情報を軽く打ち消す威力があります^^;



やはり人はマイナスな意見の方が記憶に残りますし、
衝撃度は計り知れないですからね…


まあ、アフィリエイトが広くメジャーになるかは
定かではありませんが健全なビジネスであるというのは
この記事を読んで頂いた方だけにも知っておいて頂ければ幸いですね。



アフィリエイトは挫折者が多い?




実際にアフィリエイトは大きく稼げるビジネスですし、
何より「自由」な生活を満喫できます。


僕もアフィリエイトで独立しましたが、
起きる時間や寝る時間も自由ですし、
仕事場もネット環境とパソコンさえあればどこでも出来ます。



まあ僕が一番アフィリエイトをしていて良かったと思うのは
満員電車に乗らずに済むということですねw


満員電車は戦場に行く兵士とほぼ同じストレスが
掛かっているようですのであまりに辛すぎます。

>>大企業と中小企業の賃金格差が起きる理由とは?


その満員電車に乗らずに生活出来ている事実は
僕の中では非常に有難いことです。


で、このアフィリエイトは実際に無限の可能性があって、
個人でも月収7桁とか普通に行きます。



もっとレベルが高い人になれば
月収8桁といった驚愕の
月収を稼ぐ実力者も現れるぐらいですw

>>月収8桁を稼ぐ超絶スーパーアフィリエイターとは?


それぐらいアフィリエイトは可能性があるので、
実際に毎年多くの方が参入してきますね。


しかし、アフィリエイトは参入者に対して
成功する者の確率が圧倒的に低いのです。



つまり「挫折者が多い」というのも
このビジネスの特徴なのですね…


で、アフィリエイトで挫折者が多い最大の理由が

「アフィリエイトの本質を理解していないから」

ということが挙げられるのです。



では、実際にそのアフィリエイトの本質とは一体何か?


それはずばり、

「お客様に対して価値を提供する」


これこそがアフィリエイトの本質になります。


「えっ…?ちょっと意味わかんないです…」

という反応があるかと思いますので
説明して参りたいと思います。



アフィリエイトの本質について




では、アフィリエイトの本質について
見ていきたいと思います。


先ほども言いましたが、
僕たちがアフィリエイトで稼ぐためには
「お客様に価値を提供する」ことをしないと
お金というものは稼いでいくことが出来ないのです。



基本的にアフィリエイトもネット”ビジネス”なので、
簡単に稼げると思ってはいけないのです。


この業界は「簡単に稼げる」と謳う情報もありますので、
そういった情報を基に参入してしまうと理想と現実の
ギャップに苦しみ挫折してしまうのですね^^;


ビジネスというのはお客様に価値を提供し、
価値を提供した分だけ僕たちにお金が入るという
等価交換の法則で成り立っています。




当たり前ですが、
簡単に稼げると思って作業を続けても
お金が稼げるようになりません。


何故なら、

「お客様に価値が提供出来ていないから」

です。


簡単に稼げると思って作業をすると
それは自分が作ったコンテンツに如実に
反映されます。


そうなってしまえば、
稼げるものも稼げないのですね。


なので、アフィリエイトの本質である
「価値を提供する」ということを
意識していくことが稼ぐために大切なのです。



実際にアフィリエイトの本質がわかれば、
僕のような完全匿名ブログでも
十分に独立するだけの額を稼ぐことは出来ます。


僕自身全く表に出ずに完全に裏で稼いでいますが
実際に匿名ブログでもメルマガの読者は
増え続けていたりします。



1日1件の読者を獲得すること自体
非常に困難と言われている中で、




このように1日に20,30件の読者登録
されることもあるのです。


匿名ブログでもこのように読者の方に
価値を提供出来るように作業をしていると
メルマガ読者も自然に獲得出来るようになるのですね。



まあ実際にリアルの世界とは考えられないぐらいの
スピードでアフィリエイトは稼ぐ桁が上がっていきます。


だからこそ、アフィリエイトに挑戦して見たいという方は
しっかりと作業を継続していって貰いたいと思います。


以上、参考にして頂ければ幸いです。


それでは、桜庭でした。





🔰アフィリエイトとは? ←今ココ!

🔰成功するために「学歴」や「資格」は必要なのか?

🔰僕は一体何をして収入を得ているのか?

🔰何もかも「0」の初心者が稼ぐためのステップとは?

🔰アドセンスの「潜在価値」と「弱点」

🔰アドセンスで「稼げる人」と「稼げない人」

🔰アドセンスで初心者が稼ぐための具体的な戦略とは?




📙推薦優良教材一覧表







コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ