無料ブログからWordPressに移行するタイミングはいつがベストなのか?



桜庭です。


実は僕がサポートしているトレンドアフィリ実践者から

「無料ブログからWordpressに移行するタイミングは
いつがベストですか?」


こういった質問が寄せられました。


で、この問題は誰もが一度は考えることだと思います。


もちろん、僕も最初は無料ブログで実践していたのですが、

「一体いつ、Wordpressに移行すればいいのだろう?」

と、割と本気で悩みました笑


ということで、今回はブログの移行タイミングについて
お伝えしたいと思います。


移行タイミングはいつがベスト?

移動


正直言ってしまうと、

「ベストな移行タイミング」

というのはありません。


恐らく、この問題に言及している記事って
腐るほどあるのですが、
そのどれもがバラバラな意見です。


なので、実践者によってベストなタイミングが異なるので、
これから僕がお伝えする移行タイミングも一例にしか
過ぎないということです。



ただ、僕がお伝えする移行タイミングが個人的には
「一番ベストに近いんじゃないか」と思っています。


これは決して傲慢とか自惚れとかそういうことじゃなくて、
「現環境を鑑みて」のことです。


で、実際問題その移行すべきタイミングなんですがこれは、

「無料ブログで1,000円以上稼いだら」

です。


無料ブログのみで1,000円稼げた実績を残せたら
すぐさまWordpressに移行するべきです。


「えっ?1,000円でいいの?」

なんて思う方もいる気がしますが、
この実績で十分です。


確かに無料ブログのみで月収1万とか10万を稼ぐ人がいますし、
自分もそれぐらい稼いでからWordpressに移行したいという
思いを持っている人もいると思います。


ただ、現環境では無料ブログのみで
月に万単位のお金を狙うのは得策ではありません。


僕が思う無料ブログの役割というのは

「ビジネスでお金を稼ぐ感覚を掴む」

という理由のみです。


無料ブログというのは「稼ぐ目的」で運営していくものではなくて、

ビジネスノウハウの感覚を掴む目的で運営していくべきなんですね。



確かに無料ブログは短期的に見たらWordpressよりも
ドメインパワーが強いのでコンテンツが上位表示されやすいです。


ただ、ブログというのは短期的に運営するものじゃなくて、
普通は中長期的に運営するものですよね?


ドメインパワーが付いたWordpressに
無料ブログで勝つことはかなり難しくなってきます。



つまり、無料ブログというのは運営していけば運営していくほど
実は競争では不利になってくるということなのです。



で、無料ブログで1,000円稼げるようになれば、
稼ぐための下地(基礎スキル)は出来ていると思ってもいいです。


下地が出来上がっているのなら
将来大きく稼ぐことを見据えて、
Wordpressに移行すべきなんですね。


それと、現環境ではWordpressで
構築したブログが増えてきたので、
やはりこちらもWordpressで対抗をしていく必要があります。


まぁ確かにWordpressは初期のドメインパワーがすこぶる弱くて
中々コンテンツが上位表示しにくいです。


ただ、以前僕が書いた記事のように
初月から万単位のアクセスを
獲得することは可能だったりします。

>>初期Wordpressで万単位のアクセスを狙う方法とは?



だから、Wordpressで構築したからといって、

「初月は耐えないといけない…」

なんてことはないのです。


もちろん、劇的にブログが強くなると実感するのは
3か月から半年後にかけてですが、
どんどんチャレンジしていって良いのですね。



で、それと実はもう一つの移行タイミングがあるのですが、
こちらは別に無料ブログで1,000円以上の実績がなくてもいいです。



2,3ヶ月ほど無料ブログでノウハウを実践していれば、
例え、1,000円の報酬に届かずともWordpressに移行すべきです。



1,000円というのも一つの基準にしか過ぎないので、
運悪く達成出来ないことも、まぁあり得ます。


ただ、無料ブログで数ヶ月何かしらのノウハウを実践していれば、
大抵のスキルはあるはずなので移行して頂いて問題ないです。


無料ブログで全く実績が出せなかったのに、
Wordpressに移行した瞬間、
報酬が爆発したという事例も
僕のサポート実践者ではいます。



そのため、無料ブログを運営している人は
早い段階でWordpressに移行することを視野に入れて、
日々、実践していって頂きたいと思います。


ということで、参考になれば幸いです。


それでは、桜庭でした。





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ