記事の質が高ければそれでいいのか?コピーライティングより大事なことを教えます。

コピーライティング1


桜庭です。


先日、とても面白いご相談を読者の方から頂いたので
今回はそれについて考察していきたいと思います。


その質問というのが、

「記事の質を高めるためにはどうすればいいのか?」

というものです。


今回はこちらのテーマを扱っていきたいと思います。


記事の質を高める=コピーライティング?


記事の質を高めるというのは
要は「文章力」にも関わってきますね。


一応、僕も「文章力」に関してはそれなりに勉強しています。


お金を掛けて学び、尋常じゃないほど質が高い情報を
インプットしてひたすらにアウトプットを繰り返していますね。



そのため、僕も文章力を上げるために
様々なコンテンツを持っています。


正直、
文章力に特化した手持ちのコンテンツだけでも
その額は計り知れないです。


普通に数百万以上は絶対に行っていますし、
むしろ総額が計算できないほどですね。


そんな文章力と直結する一つのスキルとして
しばしば語られるのが「コピーライティング」です。



コピーライティングというのはつまり
広告文書を書くスキルのことを指して、

「如何に読者を文章で動かしていくか?」

を追求したものとなります。


まあ、文章で動かすというよりは
相手の「心象」を動かすという
意味合いが強いと僕は思っていたりはしますね。


が、
今ここでお話ししたいのはコピーの話ではありませんし
コピーライティングの定義についても今回のテーマとは
畑違いなので割愛させて頂きます。


まあ定義などに関しては全く関連がないのは本当ですが、
実は多少コピーライティングの要素は今回のテーマに関わってきます。



なぜなら先ほどもお伝えしたように
文章力と直結するスキルがコピーライティングと
呼ばれている以上、記事の質とは切っても切り離せないからです。


つまり、今回のテーマである

「記事の質を高めるためにはどうすればいいのか?」

はそっくりそのまま、

「コピーライティングを学ぶことで全部解決するのか?」

と言っているようなものなのですね。



コピーライティングはそのまま文章力の向上にも繋がるので
記事の質を高めたければコピーライティングを学べばいい。



もしこれがアンサーでしたら
今回の記事はこれにて終了です。


それもそのはず、

「記事の質を高めたければコピーライティングを学びなさい!」

で終わりますからね笑


でも僕自身がコピーライティングを学んで思うのが、

「コピーライティングよりも大事なことがある」

という真理になります。



コピーライティングより大事なこととは?


ネットビジネスというのは基本的に文章で相手を動かします。


なので、大きく稼ぐためでしたら文章力の向上は必須課題です。


文章力の向上が必須課題であるならば
もろにそのスキルに直結するコピーライティングを
学ばなければならないのは僕も十分に理解しています。



僕自身がコピーライティングを学んできたからこそ
実感出来たのはやはり文章で人を動かすためには
このスキルを会得することが重要であるということです。


それは確かな感覚ですね。



でも僕が普段の記事からコピーライティングを
ガンガンに意識しているかと言ったら
必ずしもそうではありません。



実際、僕はそんなにコピーライティングとか
意識せずに記事を書いていたりします。


いや、結構学んでいるので
知らず知らずの内に使っているとは思うのですが、

「コピーで魅了してやる!」

みたいな野心を抱きながら書いてはいないですね笑



それ以上に僕が意識しているのはたった一つだけです。


それは、

「どうすれば読者(あなた)に価値を提供できるか?」

ということ。


ここで多くの人の誤解を解いておきますが、
コピーライティングというスキルを学んだところで
読者に価値が提供できるようになるとは限らないということです。




コピーライティングより大事なこととは?


コピーライティングというのは
言わば文章力向上のためのスキルなので
確かに普段書く記事の質は上がります。


でもここで大事なことは、

「記事の質が高い ≠ 読者に価値を提供できる」

この方程式です。


”記事の質が高い”のと”読者に価値を提供できる”
というのは全くイコール関係ではないのですね。



そもそも、記事の質が高いというのも
人によって意見が異なります。


小説家のようなユーモア溢れる文章が書ければ
質が高いと評価されることもありますし、
逆に言い回しがくどくて質が低いとも捉えられます。


「質が高い記事」というのは一見して便利な言葉ですが
意味合いの幅が広すぎる曖昧な言葉でもあるわけですね。


もちろん、ビジネスにおいて稼いでいくためには
質が高い記事を作っていくことは確かに必要です。


そこはしっかりと尽力していかないと
いけない要素ではありますね。



では僕たちにとって、

「本来の質が高い記事とは一体何か?」

についてですがこれは、

「ブログに訪れる読者に対して価値提供できるコンテンツ」

ということが質が高い記事と言えます。



各々のブログによって読者層は全く異なってくる


コピーライティングを学んで心理効果を用いた
ライティングテクニックを学んだところで
それを正しく使いこなせなければ意味がありません。


例えば僕は以前に成約率向上のための記事として
「3連単式情動・神経の法則」に関する記事を執筆しました。

>>3連単式情動・神経の法則を用いて劇的に成約率を上げる方法とは?


「3連単式情動・神経の法則」は
コピーライティングのテクニックの一種ですが、
上記の記事内でも書いています通り
それぞれのブログによって訴求する文体は変わってきます。


なので、
僕のブログで書いているような「3連単式情動・神経の法則」を
完コピして記事内に含ませたところで全く意味がありません。


なぜなら、
僕は自分のブログに訪れる読者の属性を把握して
価値を提供出来るような文章構成を取っているからです。



ここら辺ってコピーライティング以前の問題で
自分が構築した媒体に「一体どんな層が来ているのか?」が
わからなければコピーのテクニックもクソもありません。


どのような読者が来ているのかを正確に把握していなければ
いくらコピーのテクニックを使ったところで全く読者には響かず、
それは言わば自己満足で書いているに過ぎない記事が出来上がるのです。



だからコピーライティングよりもそれ以前に

「俺(私)のブログに訪れる読者はどんな人何だろう?」

ということを想定していないといけません。


そして、これも単純に「ネットビジネスに興味がある層」みたいな
フワッフワしたイメージでは残念ながら弱いです。


もっと深堀する必要があって、

  • 訪れる読者の名前
  • 訪れる読者の年齢
  • 訪れる読者の趣味・特技
  • 訪れる読者の興味があること
  • 訪れる読者が持っている価値観
  • 訪れる読者が何を信じているのか
  • 訪れる読者が求める情報とは何か
などなど、もっともっと細部まで拘って
読者を具現化するところまで持っていくことが大事なのです。


ここまで抑えていれば自ずと文章にも説得力が増し、
ドンピシャな情報を発信することが出来ます。


これらのフローを経ることで、
価値ある情報を提供できるようになり
本当の意味で質が高い記事を作成出来るのですね。




ライティングテクニックを学んだところで
成果を出していけていない人は五万といますが、
その原因を作り出すのが読者を把握しているか否かだということです。


最早、そこにコピーライティングのテクニックなぞは要らず、
ただひたすらに読者に価値を提供し続けていくことが出来れば
自ずと成果も比例して伸びていくということになります。


コピーライティングを学ぶよりも前に
読者層をしっかりと把握することが大事だということですね。




本日のまとめ


ちょっと話が抽象的で分かり辛かったかと思われますが
今回扱ったテーマは本当に重要すぎるほど重要です。


コピーライティングを学ぶのは大事なことですし、
ネットビジネスを実践していれば誰もが通る道です。


しかしコピーを学んだところで適切にテクニックを
使えなければ宝の持ち腐れとなってしまいます。


だからこそ、
下手にテクニックを学ぶよりも以前に
読者層を把握する必要性があるのです。



むしろ読者層を把握していさえすれば
コピーのテクニックがなくても稼げますね。


ここら辺を意識しているかいないかで
これからのインプットやアウトプットの質が
また異なって来ますので是非参考にしてみてください。


それと今回の記事に関連して、
自分が商品を売っていくために
大事な意識についての記事を僕は別途作成しています。



そちらの記事も非常に反響があったものですのでご参照ください。

>>商品を売っていくために大事な意識とは?


それでは、桜庭でした^^




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ