DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)こそ僕が自由を得ている「仕組み化」の根幹という話。



桜庭です。


僕はブログやメルマガ内で、

「ネットビジネスをやるのであるならば
最終的にメルマガを用いた情報発信をやるべき」


と主張しています。


もう少し具体的に言えば、

「ブログとメルマガを用いた情報発信ビジネス」

こそ”個人”が収益を発生させることにおいて
これ以上ないほど最強だと思っているのです。


最強だと思う理由は単純に”ブログ×メルマガ”が
最も長期的かつ安定的に莫大な利益を生み出せるからです。


しかし、それと同時に

「初心者がいきなり情報発信ビジネスをやるのはオススメしない」

ということもブログ立ち上げ当初から言っています。


この理由は非常に単純で、
参考にできる教材がないからです。



確かにネットの海を見渡せば、
情報発信ビジネスを主体とした教材があります。


王道のアンリミテッドアフィリエイトを始め、
今日まで多くの教材が出ているのは事実です。


しかし僕はそれらを紹介することはありません。


僕も全ての教材の中身を
見たわけではないので断定はしませんが、

「これを手にしても情報発信では稼げない」

という教材ばかりなのが実情です。


情報発信ビジネスは他のビジネスと比べて
圧倒的に稼げる手法ではありますが、
それ以上にとてつもなく「繊細」です。


文章の表現ひとつ取って見ても
相手に伝わるニュアンスはまるで異なります。


実際、そういった細かい部分で
売上が大きく変わってきたりするので、

「情報発信ビジネスは非常に繊細」

だと僕は考えているのです。


そして、そんな細かい戦略まで
カバーした教材が皆無だからこそ
僕は初心者にオススメしていません。


僕も「細かい戦略面までカバーした教材」があるなら
情報発信系の教材をブログで紹介しています。



そもそも、情報発信ビジネスは
僕が一番稼いでいる手法でもありますから
紹介しない理由が見当たりません。


しかし、細かい戦略面までカバーした教材が現状無いので
無闇に情報発信系の教材は推薦していないのです。


情報発信ビジネスが極めて繊細である以上、
初心者にいきなり教材を紹介しても
「1円」すら稼げない状況に陥ってしまいます。


既存の教材で1から情報発信を学ぶのは
僕は到底無理だと思っているため、
ひとつもブログ内で情報発信ビジネスに
特化した教材を紹介していないのですね。


ただ、ここ最近になって、

「桜庭さんが言う”仕組み化”って何ですか?」

というご相談を相次いで貰うようになりました。


1年間以上ブログを運営してきましたが、
あまり情報発信ビジネスのことについては
特段詳しく言及をした覚えはありません。
(要所要所で記事にはしていますが。)

>>自分が微妙だと思うレビュー記事で売れるのか?


僕が言うところの「仕組み化」というのは
紛れもなく情報発信ビジネスを
実践することで達成できるものです。


実際、仕組みがあるおかげで
僕は記事更新をサボりにサボっても
収益が下がることはなく、
自由気ままに生活ができています。


そこで、今回は今まで表ではほぼ言及してこなかった
「仕組み化」についてお話したいと思います。


情報発信ビジネスには大きく分けて2つの種類がある



僕が自由を得られているのは
「単純に」情報発信をやっているからではありません。


巷では、

「情報発信が一番稼げます!」

という文言をよく見ますが、
確かにこれは間違いではないです。


現に情報発信ビジネスは
仕掛ける側の目線から物事を捉え、
高単価の案件を扱うことができるので
大きく稼いでいくことが可能です。


しかし、単純に情報発信ビジネスといっても
その手法を実践している者は大きく2つの属性に分かれます。


ひとつは「労働型情報発信」

もうひとつは「資産型情報発信」です。



労働型情報発信と資産型情報発信


労働型情報発信とは、毎日あるいは2日に1記事など
ハイペースでコンテンツを詰め込んで行かないと
収入が維持できないビジネス形態のことです。



労働型情報発信に属している人々は
働きアリのごとく毎日毎日記事を更新します。


で、これは悪いわけではありません。


当たり前ですが最初から楽をしようとして
成功していく情報発信者は皆無です。


やはり収入がある程度の段階まで行くまでは
作業を継続しないとその後が伸びません。


そのため、毎日記事更新をするのは
誰もが通るべき道だと僕は思っています。


しかし、この状態が続くのは頂けないです。


そもそも、僕があなたに情報発信ビジネスを
取り組んで貰いたい最大の理由は、

「余裕のあるお金を稼いで、自由な人生を送って貰いたいから」

ということです。


労働型情報発信であれば、
高単価の案件が成約するのも
相まって余裕のあるお金は手に入ります。


しかし、作業をしないと収入が下がるようでは
いつまで経っても自由を得ることはできません。



これが続くようであるなら情報発信をする意味はないです。


なので、必ずどこかで労働型情報発信から
ジョブチェンジをしないといけません。


そのジョブチェンジ先として
最適なのが「資産型情報発信」になります。


資産型情報発信とは労働型情報発信とは対局にあり、
毎日記事更新をしなくても収入が維持できるビジネス形態を表します。



1週間に1記事、1ヶ月に1記事、あるいは2ヶ月に1記事など
要はメディアのメンテナンスをするだけで
収入が維持できるのが資産型情報発信なんですね。


この情報発信スタイルを手に入れることを
僕はあなたに目指して貰いたいと思っています。


資産型情報発信に属することができれば文字通り、
あなたが寝ていようが旅行に行ってようが
ほったらかしで利益がどんどん上がっていくのです。



ちなみにネット上には多くの情報発信媒体がありますが

「9割が労働型情報発信で、残りの1割が資産型情報発信」


という割合になっています。


要はそれぐらい資産型情報発信スタイルの人は少ないのです。


まあ、労働型情報発信も資産型情報発信も
同じビジネス手法であり、どちらも稼げます。


なので、どっちが良いかなどの判断は難しいですが
僕はお金にも時間にも余裕がある「資産型情報発信」が好きですね。




で、僕がオススメする「仕組み化」というのが
まさに資産型情報発信になります。


つまり、集客から販売までの流れを完成させて、
作業量が下がっても収入を維持するために
「仕組み化」というのものをしていくわけです。


そして、この「仕組み化」を
作り上げるために必要な媒体が

・ブログ
・メルマガ


という2つのメディアになるのです。



仕組み化を行う上で必須のブログとメルマガについて



仕組み化を行う上で必須となるのが
「ブログ」と「メルマガ」です。


僕もこの2つの媒体を重宝していますが、
仕組み化ができているのは
ブログとメルマガの恩恵が強いです。


逆に言えば、ブログとメルマガさえあれば
仕組み化ができてしまうので
とんでもなくコストが掛からないビジネスといえます。


例えば、飲食店を開くとなったら100万や1,000万など
借金を作ってからのスタートでいきなり赤字を抱えます。


しかし、僕がオススメする「仕組み」を作るためには、

・ブログの経費:月々500円〜1,000円程度
・メルマガの経費:月々3,000円前後


になるので尋常じゃなく経費が安いです。


月に5,000円も行かない経費なのに
月収7桁を狙える仕組みを完成させられますので
ある意味「反則的なビジネス」ともいえます。


結局、僕も基本的にはブログとメルマガを軸に
「資産型情報発信」で稼いでいるのですね。


で、ここで重要なのは

「ブログとメルマガのそれぞれの役割」

がどうなっているのかを抑えることです。


恐らく、まだこの段階では頭の中で
「?」が浮かんでいる方も多いはずです。


「ブログとメルマガを使って仕組み化ができるのはわかった」

「けど、実際にどうやって2つを活用していけばいいの?」


という疑問があるはず。


そこで次にその2つの媒体の
それぞれの役割を見ていきたいと思います。



ブログとメルマガの役割について



情報発信においてのブログとメルマガの役割は基本的に

・ブログ ← 集客
・メルマガ ← 販売


という形になります。


要するにブログ記事を作成して検索エンジンから集客し、
そのアクセスをリスト化してメルマガに流し、
メルマガ内で販売をしていくことで仕組み化が完成します。



しかし、実際のところこれだけでは「仕組み化」とはいえません。


そもそも、集客した読者をメルマガに流しても
「手動」で1通1通メールを送っていたら
結局それは労働になってしまいます。


そこで「販売」を自動化するために取り入れるのが

「ステップメール」

というメルマガの機能になるのです。


ステップメールとはリスト登録された読者に対して
予め定めておいたメールを自動で送るシステムになります。


DRM1

上図がステップメールのイメージになりますが
このように指定しておいたメールが
指定された日に送られることによって
「販売」を自動化していくことができるのです。


つまるところ、ブログに見込み客を「集客」して、
ステップメールによって「販売」を行なっていくことで
自動的に売上を出していくことができるようになります。


しかし、実は「集客」と「販売」という
2つの要素だけでは仕組み化は成り立ちません。



集客と販売の間には
「教育」という要素を挟み込む必要があり、

「集客・教育・販売を自動化させる」

この3つの流れを組むことが
僕が提唱する「仕組み化」になるのです。
※教育に関しては後述します。


そして、この3つの要素を含んだマーケティング戦略を

「DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)」

と称し、このDRMを用いた戦略こそ
僕が自由を得ている根幹の話にもなってきます。



DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?



ダイレクトレスポンスマーケティング(以下:DRM)は

・集客
・教育
・販売


という3つの要素を持つマーケティング戦略になります。


1、集客

まず、DRMは集客から始まります。


モノを紹介するにしても売るにしても
そもそも「人」がいないと話になりません。


人がいてこそビジネスは成り立つので
DRMも集客という段階からスタートします。


で、ネットビジネスにおいて集客というのは
もっぱら「検索エンジン」からのウェブ集客になります。



もちろん、ツイッターなどのSNSといった
ソーシャルメディアからも集客は可能です。

>>ツイッターでアクセスアップを図る集客方法


ただし、ネットビジネスにおいては
検索エンジン経由からのウェブ集客が
最も効果的かつ効率が良いのです。


なので、SNS集客はあくまでサブ要員であり、
メインは検索エンジン経由でのアクセスになります。


2、教育

続いて「教育」という要素に入っていきます。


DRMというマーケティング戦略は、

「顧客と密な関係を築いてビジネスに取り組んでいく」

という根本的な軸が存在します。


要するに不特定多数に販促を仕掛けるのではなく、

「自分を信頼してくれている層にアプローチを掛ける」

というのがDRM戦略なんですね。


つまり、DRMが「相手との信頼」を
前提にしたマーケティング戦略である以上、

「どうやって見込み客と信頼関係を構築していくか?」

がこの戦略において最も重要視されるポイントになるのです。


そこで見込み客と密な関係を築いていくために
必要なのがここでお話する「教育」という段階になります。


「教育」と表現してしまうと聞こえは悪いですが、
要は”相手と信頼関係を構築していくための方法論”です。


以前にも記事内でお話したことがありますが、
今では多くの商品がアフィリエイターによって紹介されています。


紹介している商品が同じである以上、

「誰から商品を購入するか?」

という観点が消費者間で渦巻いているわけです。

>>少ないアクセスで利益を上げるための情報発信戦略


誰から買うのがベストなのかと考えたら

「信頼できる人から購入する」

という答えに当然行き着きます。


そういった信頼関係を構築していくことに
特化した段階をDRMでは「教育」と表現するのです。


で、ネットビジネスにおいては
教育は全てステップメール内でやるのが基本です。



ブログで集客をして、そこから仕組み(ステップメール)へ流し、
その仕組み内で教育を行い、自動的に信頼関係を構築していきます。


これがネットビジネスにおけるDRMです。


3、販売

そして、見込み客をステップメールに流し、
信頼関係が構築できた段階で「販売」という最終工程に入ります。


教育をすることによって、
相手と信頼関係が構築できるので
密な間柄を築いていくことができています。


そこで販売(クロージング)をすることで
大きく反応率を上げることができるのです。



全く見ず知らずの他人から紹介されても買う気は起きませんが、
友人や家族から紹介されたら買う気が起きたりします。


人は信頼できる相手からしか購入しないので、
DRMを用いて信頼関係を構築していき、
自分に対する心理的な障壁を取っ払った段階で
商品のオファーを投げかけるのです。



このように集客・教育・販売という一連の流れを
仕組み化することによって僕は自由気ままに生きられています。



DRMをネットビジネスに活用するためには?



このように仕組みを作っていくために
DRMを取り入れるのがいいですが、
続いて、ネットビジネスにおける
DRMの活用法についてご説明させて頂きます。


まず、仕組み化に必要なのはブログとメルマガという
2つのメディアを用いるのでしたがそれぞれの役割は、

・ブログ ← 集客
・メルマガ ← 販売


ということを最初に僕はお伝えしました。


しかし、仕組み化というのは
本来DRMあってこそなので、
上記の役割では足りないです。


仕組み化をしていくための
ブログとメルマガの本当の役割は、

・ブログ ← 集客
・メルマガ(ステップメール) ← 教育、販売


こちらになるわけですね。


要するにステップメールを用いて
教育と販売を自動化することで
資産型情報発信が可能になるのです。


ブログ集客に関しては安定して検索されるキーワードを
用いて記事を作成することで長期的にアクセスを集めることができます。


なので、毎日記事更新をしなくても
一定のアクセスを集め続けることが可能です。


あとは、その集めたアクセスを仕組みの中へと
誘導することで、教育と販売が行われるため、
自動的に商品が売れていくという算段です。


これが僕が提唱する「仕組み化」であり、
DRMというマーケティング戦略の効果になります。



ダイレクトレスポンスマーケティングのまとめ



今回の記事では専門用語を使いましたので、
理解するのが少し難しかったと思われます。


結局、この記事で僕が言いたいことをまとめますと、


・労働型情報発信を続けるのはオススメしない
 →資産型情報発信へと移行し、自由を手にすることが大事。

・資産型情報発信に移行するためには仕組み化が重要
 →仕組み化に必要な媒体はブログとメルマガ(ステップメール)。

・仕組み化の威力を最大化するために必要なのがDRM戦略
 →DRMは「読者と信頼関係を構築する」ことが主な目的。


上記の3つのポイントであり、
これらを抑えて頂けたら問題ありません。


それと、僕がDRMを会得できるようになったのは
僕自身の力ではなく、師匠の影響も大いにあります。


そんな師匠とのエピソードも記事にしていますので
DRMをより深めていきたい方がいましたら是非ご参照ください。

>>8年間「匿名」で「億」を稼ぎ続ける僕の師匠について



DRMについて何か疑問点などありましたら
遠慮なく下記よりご相談ください^^

>>桜庭へのお問い合わせはこちら


24時間以内には返信をさせて頂きますので
「ちょっと」でも仕組み化やDRMのことについて
気になることがありましたらお気軽にご連絡くださいね。


それでは、桜庭でした。




◆◇◆◇ 桜庭からあなたへ ◇◆◇◆

現在僕は完全無料メール講座を開設しております^^


僕のメール講座ではスキル・才能・人脈一切関係なしに
パソコン1台で自由を手にするための方法を公開しています。


今なら月収10万円稼ぐためのノウハウもプレゼント中
ですので是非お気軽にご覧ください^^

↓     ↓     ↓






才能、人脈、スキルすべてが「0」
そんな無能な男がネットビジネスで、
わずか「2ヶ月で月収24万4800円」を稼ぎ出し
翌月には日給10万円を当たり前にして
「自由」を掴んだ桜庭による完全無料メール講座

※今ならPDF総数150ページ超の
期間限定プレゼントが受け取れます。



❖メルマガご登録の際にあなたが受け取れるもの❖

1.経費0のブログを用いて月収10万円を安定的に稼ぐノウハウ
2.月収10万円を60~90日以内で稼ぎ出すためのブログ戦略思考
3.桜庭が2ヶ月で月収24万4800円を稼ぐために意識したライティング戦術
4.誰でも超簡単な作業で初月から月収10万円を稼ぎ出す裏技的な即金戦略


そして上記の期間限定プレゼントに
加えて僕の完全無料メール講座では、

●僕が日給10万円を当たり前にした戦略的思考
●会社に一生を捧げたくない大学生でも爆発的に稼げるノウハウ
●主婦でも毎月10万円以上稼ぐための完全在宅ノウハウ
●脱社畜を成し遂げるための本質的なネットビジネス思考の解説
●脱サラを成功させる自由へのロード(道)について
●老後を安定させる収入基盤の構築法
●会社にバレずにひっそりと稼ぎ出す完全匿名ビジネスの全貌
●パソコンを片手に自由を得るための成功メソッドについて

などなど、あなたが「自由を掴むための戦略」や
ブログでは公開出来ない「業界の裏話」も
僕のメール講座では限定的に公開していきます…

ちなみに期間限定プレゼントに関しては
都合により予告なく削除させて頂く場合があります。


削除された場合はこの先「一生」受け取れないため、
大至急メール講座に登録してプレゼントを確保してください。


下記に僕のメルマガ登録フォームがありますので、
必要事項を入力後、「送信」をクリックしてください。

送信後、プレゼント付きのメールを送らせて頂きます。
*メールアドレス
*名前(苗字、ニックネーム可)


※メールが届かないケースが極稀にあります。

5分以内に折り返しの返信が来ない場合は、
再度メールアドレスを確認して送信してください。




加えて、ネットビジネスのことで
何か疑問や悩みがあったら遠慮なくご相談下さい^^

⇒桜庭への相談はコチラ




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ