SEOの本質を読み取りWeb集客を効率化させる方法とは?SEO業者に頼らない集客力アップの秘訣について



桜庭です。


先日、IT系の企業に勤めている友人と
話をしていたのですが、
その友人が仕事をしている会社では、

「SEO対策を個人や法人向けに行うサービス」

を事業の一つとして展開しているようなのです。


SEO対策とはコンテンツを検索エンジンで
上位表示させるための技術的な対策のことを指します。



まあ、僕自身はその友人に
詳しい仕事内容とかは教えていなくて、

「ネットを使ったビジネスで独立してるよ」

と、伝えているだけです。


なので、友人も僕がネット関係には
強いのはわかっていたので、
企業がやっているSEO対策の触りを教えて貰いました。


もちろん、会社の機密事項がバレてはいけないので
SEO対策に関しては抑え気味な内容を教えてくれただけですし、
その内容を僕がここで暴露するのも申し訳ないので言えません。


ただ、話を聞く限りでは、

「小手先のテクニックに頼ってるなー」

と、判断せざるを得ないぐらい
SEO対策としては不出来でした。


実際、小手先のテクニックに頼ったSEOをやっているため、
Googleのアップデートにより頻繁にクライアントの
サイト順位が下がってクレームを受けているようなので。


そりゃあ、クライアントからしたら
高いお金を出してSEO対策をして貰ったのに
直ぐに順位が下がっては堪りませんからね。


もちろん、SEO業者の全てが悪いとは思いませんし、
中には超優良な対策を施す業者もいるはずです。


ただ、僕たちが個人で稼いでいくためには
SEO業者に頼る必要性なんてまるでありませんし、
むしろネットビジネスを地道に行なっていれば
そこら辺のSEO業者なんて蹴散らせます。



現に僕も友人からサービス内容を聞いて、

「絶対にそのSEO対策は止めたほうがいい」

と、普通に思いましたので。


もちろん、この話以外のSEO業者事情も
知っているのでそれも加味して判断しています。


まあ、それでもSEO業者は
ボロ儲け状態らしいので、
ウェブマーケティング市場は
穴だらけだなと個人的には思いました。


そんなわけで、SEOの話が出たのを皮切りに本日は、

「SEOの本質を理解してWeb集客を効率化させる方法」

について記事を書いていきます。


今現在、集客に困っている方がいましたら
今回の内容を参考にしてみてください。


現代には様々なWeb集客方法がある



ビジネス実践者が最初にぶつかるのが、

「集客の壁」

になります。


リアルで起業する場合もネットを使ったビジネスを実践する場合も
誰もが一度は集客の壁に悩み、試行錯誤をするはずです。


現に僕もビジネスを始めた当初、
真っ先に苦労したのが集客でした。


ブログを作って記事を書いても
アクセスが来なくて閑古鳥が泣いていた状態です。


毎日記事をひたすらに書いても
アクセス数が変わらなかったので
僕は非常に集客に苦戦していましたね。

>>僕が記事を書いても書いても成果が出なかった過去


今回の記事ではリアルの場は置いておいて、

「インターネット集客(Web集客)」

に焦点を当てていきたいと思うのですが、
Web集客と一口にいっても方法自体は様々にあります。


目ぼしいWeb集客といえば、

・無料レポート
・リスティング広告(有料広告)
・ツイッター
・フェイスブック
・LINE@
・その他のソーシャルメディア


大体こんな感じにはなりますが、
この他にもまだまだ集客方法はあるのが現状です。


しかし、今回はこれらの
Web集客に関して説明をするのではなく、

「検索エンジン(SEO)」

に特化した集客について解説をしていきます。



「検索エンジンを制する者が集客を制す」



先ほど挙げましたように
Web集客というのは様々に存在します。


それこそ今流行りのものでしたら、
各種ソーシャルメディアが大きな賑わいを見せています。


ツイッター、フェイスブック、LINE@、
YouTube、インスタグラムなどなど。



まさに現代は「ソーシャルの時代」と
言わんばかりにその影響力は大きくなっていますね。


僕もソーシャルメディアは集客に活用するので、
その効果が絶大であるのは知っています。


ソーシャルメディア単体でも稼ぐことは可能ですし、
集客媒体として役割を持たせたら非常に優秀なメディアです。


しかし、Web集客において
最も効果的かつ効率的なのは、

「検索エンジンからの集客」

であり、これは今も昔も変わりありません。


そもそも、ソーシャルメディアが何千万人の利用者を誇ろうが
検索エンジンの利用者を越すことはあり得ませんし、
ユーザーの深い悩みをピンポイントで解決したい場合などは
やはり検索エンジンの右に出るシステムはないわけです。



確かにトレンド的なニュースや
誰かの意見を参考にしたい時でしたら、
ツイッターやフェイスブックで情報収集はできます。


しかし、そもそもソーシャルメディアの本質が、

「コミュニケーションツールとしての媒体」

なのは揺るがない事実なので、

「集客としての役割がある」

というのはあくまでサブ的な要員でしかないです。


そして、「ソーシャルの時代」は
異常に移り変わりが早いので、
今人気のSNSもかつてのmixiのように
一気に廃れる日が来ることも考えられます。

>>SNSのように廃れることがない「不変の戦略」とは?


なので、まず何よりも習得すべき集客法は、

「検索エンジンからの集客」

なんですね。


検索エンジンからの集客がマスターできれば
ぶっちゃけ他のWeb集客法なんてやらなくても稼げます。


まあ、それは極論的な話ではありますが、
それぐらい効果的なWeb集客法が検索エンジンなので、
その方法の理解を深めるのは重要だということです。



検索エンジンの本質を理解する



まず、小手先のSEOテクニックを実践しても
冒頭でお伝えしたように直ぐに順位が変動してしまいます。


検索エンジンから効率よく集客をするためには
小手先のテクニックに頼るのではなく、
より本質的な対策を講じる必要があるのです。



そのため、最初に「検索エンジンの本質」を
理解することから始めてみましょう。



そもそも、検索エンジンというのは

「GoogleやYahoo!が提供している情報検索サービス」

のことです。

SEO 本質2
SEO 本質1


で、そんな検索エンジンの主な目的というのは、

「利用者に対して良質な情報を提供する」

ということであり、
これ以上でもこれ以下でもありません。


良質な情報を提供することが検索エンジンの存在意義であり、
ユーザーが望む情報が提供できなければ、
それは検索エンジンの評価自体を下げることに繋がってしまいます。


実際、検索エンジンのアルゴリズムを司っているのは
Googleですが、そのGoogleは今も昔も
一貫してユーザーを第一に考えることを理念としています。



そのため、検索エンジンで上位表示が
できているコンテンツというのは、

「読者に価値が与えられているコンテンツ」

ということになるのですね。


なので結局のところ、


ユーザーが求めている情報を含んだ記事が必然的に上位に位置する


という話になってきます。


要するに、検索エンジンが好む記事を
書かないと上位表示は達成できないのです。


検索エンジンが嫌う内容が含まれている記事が
上位に位置してもユーザーのためにならず、
最悪のケースとしてGoogleそのものに
不信感を抱かれてしまうことにも繋がり兼ねません。


そのため、僕たちは「対検索エンジン」と「対ユーザー」という
両側面を意識しながらコンテンツを作成していく必要があるのです。



ただ、両側面を意識するといっても
さほど戸惑うこともなかったりします。


そもそも、検索者は検索結果の
1ページ目(1位〜10位)を見る場合が殆どで、
2ページ目以降まで情報を調べていくことは稀です。



検索エンジン側からしても検索結果の
上位に表示させたい記事というのが
ユーザーにとって真に求めている記事となるので、
そういった記事を上位表示することが最も重要になります。


説明をするのに遠回りしてしまいましたが結局のところ、

「検索エンジンが好む記事 = ユーザー側からみても価値がある記事」

だということです。


すなわち、SEOの本質とは、

「ひたすらユーザーに価値を感じてもらう質の高いコンテンツを作り込んでいく」

という結論に達して間違いはないということになります。



「対検索エンジン」にも「対ユーザー」にも、
双方が好むコンテンツというのが
「価値がある質の高いコンテンツ」になるのですね。


実際、数年前でしたら「ブラックSEO」なる
検索エンジンを騙して上位表示を
獲得していくやり方がありました。


しかし、検索エンジンのアルゴリズムも愚かではありません。


検索エンジンを作っているのは天下のGoogleであり、
天才的なプログラマー集団が目を光らせています。


検索エンジンのアルゴリズムが
いつまでもブラックSEOを野放しにするわけもなく、
昨今ではもうブラックSEOは通用しなくなってきました。


一昔前まではアルゴリズムも良質な記事の
見分けができなかったのですが、
今では精度が格段に上がっており、
質の高いコンテンツが上位に行くようになっています。


つまり、小手先のテクニックが淘汰され、
本質的な価値を与えられる記事が
上位にくる時代になったというわけです。



小手先のSEO対策は完全に過去のものとなって、
これから先はコンテンツの質で
上位を取れるかどうかが決まってくるのですね。



質の高いコンテンツを作り続けることが究極のSEO対策になる



ちなみにここで言う質の高いコンテンツとは、

「その記事が相手に満足感を与えられたかどうか」

ということになります。


最近では殆ど僕のところには
届かない質問なんですが、

「1記事何文字書けばいいですか?」

こういった疑問を持つ人は非常に多いです。


でも、本来これは本質的なSEO対策の面から見たら
1記事における最適なボリュームがわかってくる問いです。


つまるところ、最適なボリュームとは、

「読者に満足感を与えられるまで書く」

という至ってシンプルな結論なのです。


500文字で伝わるのでしたら500文字で十分ですし、
10,000文字書かないと伝わらないのでしたら、
10,000文字のボリュームを出す必要があります。


1記事のボリュームというのは
全て「読者視点」で決めるべきなんですね。


そして、具体的に読者視点を持って
記事を書くために重要なのが、

「読者の検索心理とキーワード選定」

になります。



読者の検索心理とキーワード選定



まず大前提としてブログに集客していくためには
検索エンジンで上位表示を獲得し、
アクセスをそのブログに流していく必要があります。


で、そもそも検索エンジンを利用する人の
目的は「1つの事項」に集約されます。


それは、情報を「知りたい」という心理です。


何らかの情報を求めてユーザーは
検索窓にキーワードを入力していくので、
必ずそこには「情報を知りたい」という欲があります。


そこで僕たちは検索者がキーワードを入力した結果、
表示された検索結果に自分のコンテンツ(記事)が
表示されるようにしなければいけません。


つまり、検索者が検索するであろう「キーワード」を意図して、
「そのキーワード」を軸に記事を作成していく必要があるのですね。



そして、ユーザーが検索エンジンに
キーワードを入力するのは先ほども言った通り、

「情報を知りたい」

という心理が奥底にあります。



要するに検索エンジンを利用する検索者は
あくまで「キーワード」を通して情報を求めるので、
検索上位に表示されるコンテンツは
検索者にとって有益なものでなければ
検索エンジンとしての利用価値はなくなるのです。



なので、ここから検索エンジンというのが、

「検索者が求める情報が提供できている質の高いコンテンツを上位に出す」

という基準を設けていることが導けます。


というわけで、僕たちが意識すべきのは、
ブログに集客したいターゲットが検索エンジンにおいて

・どんなキーワードを入力して、
・どんな情報を求めているのか


を考えることなのです。


このように「読者目線」を持ってして、
コンテンツ作成を視野に入れることで、

「検索者が検索窓に入力するキーワード」

もわかってきます。


検索者が入力するキーワードがわかってしまえば、
あとはそのキーワードのことを「知りたい」と
思っている層が満足する情報を記事に書けば事足ります。



例えば、自分のブログが「足痩せ」を軸にした媒体なら、
読者が検索するであろうキーワードもある程度予測できます。


突貫で思い付いたキーワードとしては、

「足痩せ 運動しない」
「足痩せ 運動せずに」
「足痩せ 簡単 ダイエット」


などが挙げられますが、
これ以外にも書き切れないほど
キーワードは考えられます。


あとは、そのキーワードを検索した読者が
「満足した」と思える記事を作成すれば
それが「質の高いコンテンツ」になるのです。


これらによって作成できた質の高いコンテンツこそ

「Googleが真に求める記事 = 上位表示される記事 = SEOの本質」

になるわけですね。



SEOの本質まとめ



今回上述してきたSEO対策を理解すれば、
必然的に記事が上位表示されていきます。


何故なら、検索者の心理を理解して
コンテンツの作成をしているからです。



「対検索エンジン」にも「対ユーザー」にとっても
文句無しの最高の記事が仕上がるので、
逆に上位表示できなかったらおかしいです。


もちろん、ドメインパワーの関係や
ライバルの関係もあるので、
100%上位表示をすることはできません


しかし、書いた記事を100%上位表示させることに
限りなく近づけていくためには、
今回の内容は抑えないと厳しいものがあります。


そして「できていない人が大半」だからこそ
ライバルをごぼう抜きすることが可能なんです。



検索エンジンからのWeb集客を効率的に行うためにも、
常に読者視点を持って日々コンテンツを作成していきましょう。

>>更にSEOを極めるために抑えておきたい「SXO対策」について


それでは、本日はこの辺りで終わります。


- Sakuraba. -




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ