YouTube動画SEO対策の基本的なやり方とは? 3つのポイントをチェック。



桜庭です。


前回、後発組(初心者)がYouTubeで稼ぐために
重要なポイントについて詳しく解説させて頂きました。

>>前回の記事はこちら


その記事の中で、

「後発組がYouTubeで稼ぐためには動画SEO対策の理解が必要」

ということについて触れましたので
今回はそのYouTube特有のSEO対策について
記事を書いてみたいと思います。


YouTube動画SEO対策とは?


SEO対策は一般的にGoogleなどの検索エンジンで
コンテンツを上位表示させるために施す技術対策のことを指します。


検索エンジンで上位表示を獲得できなければ
そもそもブログにアクセスがされないので、
SEO対策を理解することはネットビジネスを
実践する者であるなら必ず通る道となります。


このようにSEOは検索エンジンを軸として
施す対策なのが基本となるのですが、
YouTube内でも検索エンジンと同じように
コンテンツを上位表示させることで
再生回数を伸ばすことに繋がるのです。



そのため、検索エンジンのSEO対策と比較して
YouTubeで行う技術的な対策のことを
「(YouTube)動画SEO対策」と呼びます。


そもそも、YouTubeは動画サイトとして
大半の方から認識されてはいるのですが、
検索エンジンとしての面も誇っています。


昨今ではGoogleやYahoo!で調べ物をする時しないで
真っ先にYouTube内の検索窓にキーワードを入れて、
何か調べたりするユーザーが増加傾向にあります。


例えば、スポーツの名場面であったり
お笑い芸人のコントなどを見たい場合でしたら、
どう考えてもテキストより動画で視聴したいと
ユーザーは思うのでYouTubeを利用するのです。


こんな感じでYouTubeは検索エンジンとしての側面もあり、
Googleに次いで第2位の検索エンジンシェアを誇るため
YouTube内の検索結果で上位表示を獲得することで
動画の再生回数も増やすことが出来るようになります。


…出来るようにはなるのですが。

YouTubeの検索結果で注意すべき点が、

「これまでの検索履歴によって表示されるコンテンツが異なる」

というとんでもない機能を誇るところです。


検索履歴によってコンテンツ表示が異なるってどういう意味?


例えば、YouTube内で「BGM」と
検索窓に入れてみることにします。





まず、上図はわかりやすいようにAアカウントという
Googleアカウントで検索をしてみた結果になります。


続いて、AアカウントからBアカウントに変えて
同じく「BGM」で検索を掛けてみます。


YouTubeで稼ぐ方法動画SEO対策3


すると、このように検索結果が変化するのです。


これはYouTube側で自動的にこれまでの
ユーザーの検索履歴から基づいて視聴者に最も適した
コンテンツを表示するというシステムが作用している結果です。



このように検索履歴に基づいたキーワード検索を

「パーソナライズド検索(ユーザーに最適化された検索システム)」


と呼び、一応Googleなど通常の検索エンジンでも
採用されているのですが、こちらに関しては
YouTube内ほど顕著に表れているわけではありません。


というわけで、YouTubeにおいては
検索結果で上位表示を獲得するということを
強く意識し過ぎても成果には結びつかないのです。


なぜなら、パーソナライズド検索が強く作用しており、
ユーザー間で検索結果がまるで異なる場合があるからです。



もちろん、上位表示を獲得するように努力するのは大事なんですが
YouTubeはGoogleやYahoo!の検索エンジンとは勝手が違うので
YouTube特有の動画SEO対策を理解する必要があるのですね。



で、動画SEO対策と一口で言っても
検索結果で上位表示を獲得することだけが
YouTubeの動画SEO対策と呼ぶのではありません。


もう一つ動画SEO対策では重要なことがありましてそれが、

「自分の動画を関連動画に表示させる」

ということです。


YouTube動画SEO対策は、
検索結果で上位表示を獲得することだけを指すのではなく、
関連動画に表示させるための対策としての意味もあるのです。


YouTubeで稼ぐ方法動画SEO対策4


関連動画とはこのように視聴している動画に
関連づけられた動画の一覧が表示される箇所ですが、
実際にYouTubeでは検索結果からアクセスされるよりも
関連動画からのアクセスの方が圧倒的割合を占めます。


ここら辺は動画やチャンネル毎に多少の違いはありますが、
平均して7割以上は関連動画からのアクセスになります。



要するに動画の再生回数のおよそ7割が
関連動画経由だということなので、
YouTubeを攻略する上で最大級に大事なのが

「いかにして関連動画に自分の動画を表示させるか?」

という結論になるわけです。


そこで今回の記事ではYouTube動画SEO対策における基本として
3つのポイントに着目しながら解説していきたいと思います。



YouTube動画SEO対策の基本


YouTube動画SEO対策は奥が深いので
掘り下げたら掘り下げた分だけ対策が出てきますが
ここでは重要な3つのポイントについて見ていきます。


これから解説する3つのポイントを押さえることで、

・検索結果で上位表示を獲得するための対策
・関連動画に自分の動画を表示させる対策


こちらの2つの対策を同時に達成できますので、
参考にしてみてください。


それでは1つ目のポイントから見ていきましょう。


YouTube動画SEO対策ポイントその①:動画タイトル


YouTube動画SEO対策の基本として
まず押さえるべきなのは動画タイトルになります。


YouTubeで稼ぐ方法動画SEO対策5


動画タイトルとは文字通り、
ひとつひとつのコンテンツに付けられた動画名です。


動画タイトルはやはりその動画を最も簡潔に表すものであり、
検索システム側からもその動画が何を表しているのかを
調べるのに最も大きなポイントとなります。



そもそも、現状のYouTubeの検索システムでは
正確に動画の内容までを把握することはできません。


まあ、動画の内容まで検索システムがわかったら
それこそ技術的進歩が尋常じゃないのですが、
結局のところ動画の内容自体を正確に判断できないため
動画タイトルでその動画の内容等を把握するのです。


動画タイトルはブログ記事で言うところの
記事タイトルと同義なので、検索エンジンを
意識した名前にもする必要があります。


ある程度、固定客がいるプロユーチューバーは
動画タイトルに一定の法則がなくても動画が再生されます。


ただし、プロユーチューバー以外の投稿者でしたら
しっかりと動画タイトルには狙うべきキーワードを
含ませて作成する必要があるのです。


その理由は動画タイトルに狙いたいキーワードを入れて、
その動画を端的に表すことが大事だからです。


要するに「BGM」系の動画を作成した場合は
動画タイトルに「BGM」を入れることで
検索エンジンからもユーザーからも、

「あっ、この動画はBGMの動画なんだな!」

と、認識させることができるわけです。


そして、そのメインキーワードとなるものは
動画タイトルの一番左に持ってくることが
現在でも有効とされています。



これは検索システムが動画タイトルを
左の文字列から順々に読み取っていくという
性質を利用したSEO対策です。


ただ、通常のブログ記事タイトルのように
必ずしもメインキーワードを左に持ってこなくても
検索結果に強く影響を及ぼすとは限りません。


現に先ほどのBGMの動画では
一番左に「BGM」というキーワードを持ってきてはいませんし、
他にもキーワードを最初に持ってこない動画は結構あります。


ここら辺は通常の検索エンジンとは
勝手が違うところなので、注意すべきポイントですね。


とりあえず、慣れない内は一番左にキーワードを
持ってくることを意識して実践することが大切です。



YouTube動画SEO対策ポイントその②:動画説明文


YouTube動画SEO対策の2つ目のポイントは
動画の説明欄を駆使・工夫することです。


動画説明欄とは動画の下欄に表示される箇所のことです。


YouTubeで稼ぐ方法動画SEO対策6


動画説明欄を工夫することも
YouTube動画SEO対策においては重要になります。


なぜなら、YouTubeの検索システムでは
動画説明欄も読み取っていくので、
動画SEO対策に活かせるからです。



たまに動画説明欄を何も設定せず、
空白のまま動画を投稿している方もいますが
それは非常に勿体ないです。


動画説明欄を工夫すれば
検索結果で上位表示しやすくなるだけでなく、
関連動画にも表示させることができるのです。


そんな動画説明欄で重要なことなんですが、
まず第一に最初の2〜3行辺りで別メディアへ
誘導する場合は媒体のURLを入れることです。



YouTube動画は再生回数に応じて
アドセンス報酬が支払われます。


しかし、YouTubeはアドセンス報酬のためだけでなく、
別メディアへの集客媒体としての役割も果たせるのです。


つまり、YouTube動画を視聴したユーザーを
自分の媒体(ブログ、メルマガ)に誘導するために
リンクを用意しておくことで流入経路が確保できるようになります。


YouTubeで稼ぐ方法動画SEO対策7


で、動画説明欄はこのように最初の2〜3行を残して
簡略されており、残りを見るためには「もっと見る」
クリックして詳細画面を開く必要があります。


そのため、簡略されない最初の2〜3行内に
媒体URL等を入れておくことでスムーズに
ユーザーを誘導することができるのです。



この他に動画説明欄に入れなければならないのが
使用した音楽や資料等など引用元の記載です。



フリー音源等を用いて入れば基本的には問題ありませんが、
引用元を明記しておくことで余計なトラブルを避けることができます。


引用元を明記することで動画の健全性もアピールできるので
説明欄に記載しておくことをオススメします。


説明欄では他にも動画自体を説明するための文章など
狙いたいキーワードを入れ込める要素があるので、
有効的に活用することが大切ですね。



YouTube動画SEO対策ポイントその③:タグの設定


3つ目のポイントはタグの設定です。


YouTube動画にはそれぞれタグの設定が可能で、
こちらも動画SEO対策においては重要な項目となります。


タグの設定はその動画に関連するキーワードを
入れ込むのが基本中の基本であり、
入れるタグ数は10〜15個前後が好ましいといえます。



BGM系の動画を作るのでしたら、
「BGM」などのキーワードをタグとして
設定をするというわけです。


で、以前はタグを無制限に入れて
動画SEO対策を図るのが主流だったのですが
昨今ではタグを入れ過ぎるとスパム判定を受けます。


スパム判定を受けるとペナルティが課される危険性があるので
タグの設定し過ぎには十分に注意をしなければなりません。



以上、3点がYouTube動画SEO対策の基本となります。


とりあえず、動画SEO対策の根幹となるのが
これら3つのポイントになるので、
YouTubeの”入り”として押さえておいて頂ければ幸いです。


YouTube動画SEO対策以前に大事な話については
前回のYouTube記事で解説をしているので
そちらも併せてご参照ください。

>>後発組(初心者)がYouTubeで稼ぐためには?



YouTube動画SEO対策まとめ


YouTubeにおける動画SEO対策について
これまで見ていきましたが、
もちろん他にも様々な対策があります。


しかし、今回の記事だけを抑えるだけでも、
何も対策しない時と比べて天と地ほどの差が出てきます。


動画SEO対策はYouTubeで成果を出すためには
必須なので是非押さえておいて頂ければ幸いです。


それでは、桜庭でした。





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ