Youtube 顔出しをする3つのデメリットとは?顔出し動画は”面白い”から再生されるわけじゃない!



桜庭です。


実は最近Youtubeに関して、
気になるお問い合わせがあったので、
今回はそれについて見ていきます。


そのお問い合わせというのが

「Youtubeは顔出ししないと稼げないのですか?」

という質問です。


最近はYoutuberという存在も若者世代に人気で
そういった影響からかこの手の質問が来たのだと推察されます。


まあ僕自身Youtubeは普通に見たりするのですが、
Youtuber目当てでは見たことがないので
誰が人気がとかはほぼわかりませんw


Youtubeの利用者は国内だけでも
数千万人単位でいますし、確かにそこに需要があります。



それに僕と同じように顔出しをしている
Youtuber目当てで見ているわけじゃない人もいるわけです。


いや、まあこちら側の人間の方が
圧倒的に多いと思いますが要は

「顔出し動画だけが求められているわけじゃない」

というのが真理ということになります。


なので今回は

「顔出ししないと稼げないのか?」

ということを中心にして
見ていきたいと思います。


Youtubeは顔出ししないと稼げないのか?




これはもう先ほども触れさせて頂きましたが、
誰もが顔出し動画を求めているわけではありません。


よって

「顔出しをせずとも普通に稼いでいける」

というのが僕からの回答になります。


まあ確かに顔出し動画を作るメリットも
あるんですよね。


例えば一番に挙げられるメリットは
「動画が人気になれば有名になれる」と
いったところでしょうか。


今はYoutuberも人気が出ればイベントなども出来ますし、
ちょっとした芸能人気分を味わうことは可能になります。


それに人気が出れば当然固定客が付きますので
再生回数もどんどん上がっていきますね。


基本的にYoutubeアドセンスは再生回数に比例して
報酬が上がっていきますので人気が出れば出るほど
うなぎ上りに収益も増大していきます。



これは最も大きなメリットと言えるでしょうね。


もちろん簡単に有名になれるかといったら
これは違いますが一発逆転を狙うのだったら
芸能人を目指すよりも遥かに容易です。


このように有名になれて
お金も貰えるのは確かにメリットです。


が、僕はそれ以上にデメリットの方が
大きいと思っていますし、
副業としてやっていくなら尚更です。


ということで次はデメリットについて見ていきます。



顔出しをする3つのデメリットとは?




一部の人以外からして見たら動画で顔出しは
損以外の何物でもないと僕は思っています。


まあ複数のデメリットが挙げられるのですが
ここでは特に重要な3つのデメリットについて
お話しをしていきます。



一度失敗したら終了



僕はネットビジネスの良さというのは

「完全匿名で稼いでいける」


というところに魅力を感じています。


で、完全匿名の何が良いかといいますと、

「例え失敗したとしても何度でも再起が可能」


というところです。


一度顔出しをしてしまっては
その事実を捻じ曲げることは出来ません。


ネットに顔出し動画を載せるということは
一生消えない刺青を刻印したのと同じことになります。



単純に考えてこれは恐ろしいですね。


基本的に顔出しに関していえば、
これはどうしてもその人自身の魅力によって
人気が出るかどうか左右されます。


まあ実際のところ、
ある程度の人気をコントロールすることは可能であり
意図的に人気Youtuberになることは出来ます。


ただし、当然そうなっては
プレッシャーも掛かってきますし、
下手な動画は作れません。


もちろん顔出しをするということは
一度失敗したら新たな管理人を立ち上げて
スタートするなんてことは出来ないわけです。



再起が出来ないというのは
非常に大きなデメリットであると僕は思いますね。



ファンを掴み続ける工夫が必要



顔出し動画を作る場合は
これは完全にキャラクタービジネスとなります。

>>ハローキティとキャラクタービジネス


要はセルフブランディングをしっかりと
確立していないとファンを掴み続けて
いくことは出来ないのですね。


そうなってくると強烈な個性を出し続けていく必要があります。


ファンを掴み続ける工夫というのは思った以上に大変であり、
これも一度失敗すると取り返しが付かないことになります。


ここで重要なのが顔出し動画というのは

「動画が面白いから見られる」

というわけじゃないんですよね。


この部分はよく勘違いされますが
顔出し動画が何故再生回数が稼げるのかと言いますと、

「その動画に出ている人が好きだから見る」


これなんです。


要は動画が面白いかどうかについては
正直それは二の次なんですよ。


大事なのは

「その人(Youtuber)が自分にとって魅力かどうか?」

で再生回数は変わってくるのです。


つまりセルフブランディングさえしっかりしていれば
基本的に何をどんな動画を出そうが再生されます。


例えそれが10秒の言葉もないような
動画であったとしてもです。


まあ逆算的に考えてしまうと、

「自分に魅力がなくなった時点で終了」


なわけですね。


そこからいくら手を使おうがファンは
どんどん離れていきこれまた再起するのが難しくなります。


だからこそファンを掴み続けるというのは
非常に困難なわけですね。



副業が会社にバレる



そしてこれは当たり前ですが、
顔出し動画を出せば高確率で
会社に副業していることがバレます。



やはりまだまだ会社で副業を禁止している
ところは多い印象を受けます。


副業禁止と定められているのに
会社にバレてしまえば居心地も悪くなり
精神衛生上もよくはありませんね。


再生回数が上がってくればそれだけ露出が多くなり、
必然的に取引先や会社の上司に伝わります。


なのでこちらも顔出しのデメリットと成り得ますね。



まとめ



基本的に副業という観点から見れば
顔出しをするのはデメリットでしかありません。



そして実際に顔出しをせずとも
Youtubeで稼いでいくことは可能です。


顔出しをせずにYouTube市場で稼ぐ者は
多くいるので参入チャンスは大いにありますね。


以上、参考にして頂ければ幸いです。


それでは、桜庭でした。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ